オニワびより

20141110.jpg

オニワびよりが楽しく終わりました

今回は「作家のガラクタ市、捨てるに忍びないもの」もやっておりまして
私が持って行った捨てるに忍びないものは布です

3年前ぐらいにどっと身の回りの物を捨ててものが少なくなったのですが
布だけは
どうしても布だけは捨てるわけにはいかないものとして残っていまして
大きなスーツケースにいっぱいありまして

使う布もあるのですが
今となってはなぜこの柄を?色違いでそろえたの?というものや
買った時にはすごく、これはいい!と思って買ったものの
今となっては、まったくピンとこないものが
ずっと、使われることなく眠ったままだったのですが

今回、使ってもらえる人の元へ旅立っていき
スーツケースの暗い中に閉じ込められていた布たちに
光があたってああよかった

他の作家さんたちのものも
それぞれ、今やっていることに繋がっているものだったりして
なぜこれを?というお話を聞くと
作ろうと思って買ったけど作らなくて今に至る材料とか
いると思って買い集めたけどいらなかったとか
あーわかるわかるというのが聞けて
作る人々はいつも、あれこれ試して同じように進んで行ってるのだなぁと
大きく頷きながら聞いていました
思った以上に楽しかったので
また時々あったらいいなぁ

それから
やっぱり直接自分の作品を売るというのは
素敵でありがたいことです
たくさんうれしいエネルギーをいただいたので
愛あふれる作品をたくさん作るぞ~
オニワびよりありがとうございました

次は12月14日~12月21日まで
taionさんで、作品をずらっと並べさせていただきます


ずらっとならべられるのかどうか・・・
ギャーッと叫びながら作っているところです
すごく時間をかけて作り込んでいるものも並びますので
ぜひ、見に来てください













スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。